土地活用

デッドスペースを活用することとどう向き合うかで土地活用の成功の確率が変わってくる

    

土地活用といえば、賃貸アパートやマンションを建築したりということを思い浮かべる方も多いでしょう。しかし、先のようなものを作るほどのスペースは無いという土地もまたあるのではないでしょうか。形状においてもさまざまあるかと思います。

デッドスペースを活用することとどう向き合うかで土地活用の成功の確率が変わってくる

■駐車場で有効活用
「駐車場経営」となると、ある程度のスペースが必要であったり形状も停車しやすいものという感覚があるでしょう。しかし、駐車場といっても何も自動車に限ったことではないのです。バイクなどであれば比較的に土地活用をしやすいとも言われているのです。

規準⇒土地活用・賃貸経営の一括資料請求サービス|アパート経営比較君 http://www.kenyonpowerboats.com/

■デッドスペースをそのままにしないこと
活用をしていく上において、場合によって生まれるデッドスペースをどのように活かしていくかということを考えてみるのも、また有効的に活用していく方法でもあるのです。「使い物にならない」と諦めてしまう前に、広い目線で見ていくことをおすすめしたいと思います。

◆需要が高まるバイクの駐車場スタイル
土地活用の方法として賃貸住宅を建築するなどという方法がありますが、次いで人気が高いものが「駐車場」なのです。この駐車場はある程度のスペースが確保できることなどが条件として考えられますが、比較的に狭い土地であっても活用できるのが「バイク」の駐車場なのです。

■形状を活かすことも可能
例えば、自動車であれば1台しか停車が出来ない土地であってもバイクであれば数台が停車できるという可能性も出てきます。停車方法を斜めに設置するなどの一工夫でより幅広く安定的な収入を得る手段としての土地活用が出来るというわけです。

■駐車場に人を呼ぶこと
駐車場も立地によっては「激戦区」となることも多いようです。そうした中で活用していくには個性を出す・特徴を出すというのもまた大切なことといえるでしょう。最近では、安全にバイクを保管したいというニーズが高まっています。そこで、時間貸しなどのコインパーキングではなく「常時安全」に停車できる場所を提供するということも良いのではないでしょうか。

バイクコンテナなどというスタイルは今では非常に人気も高いのです。バイクコンテナのメリットとしては、頑丈に作られていることや鍵がかかるということでしょう。より安全性も高く、利用者からは求める声も多いのです。また、オーナーとしてはデットスペースとなりがちな土地であっても活かすことができるスタイルともいえるのです。

月極め契約にすることによって、安定的な収入も得られることでしょう。

■ちょっとしたアイデアが土地活用や収入につながる
ほんの些細なアイデアではありますが、世間が求めているものと自分自身が保有する土地とをマッチさせることは充分に可能なのです。もし、このような土地をお持ちの方はプランを練ってみるのも良いかもしれません。