土地活用

環境を考えた土地活用方法があるので環境問題に興味がある人は是非ご検討ください

    

土地活用をしたいと計画をしていても、急勾配になっているですとか整備をするにもその費用がかさんでしまうなどということもあるかもしれません。こうした土地を保有をしている場合、維持管理がしにくいと悩んでしまう場合もあるのではないでしょうか。

手放すこともしなくない。そのような場合に「エコ」という活かし方をしてみるのはいかがでしょうか。

■最近人気の「土と戯れる」というスタイル
近年においては、自ら野菜などを育てて収穫をするというレンタルファームが人気を呼んでいます。レンタルファームは郊外に広い土地が用意されていて、多くの利用者が集まっているというイメージもまたあるかもしれません。しかし、必ずしもこうした環境が必要だというわけではないのです。

多くの人を集められずとも、形状などを気にすることなくレンタルファームは作りやすいとも言われており、実際に貸し出しているという方も増えているのです。

■レンタルファームの恩恵はさまざま
管理会社と提携などをして利用者を募集することによって、比較的に集客力は高いようです。管理された区画の中に利用者が農作物を実らせることによって、環境保全効果なども生まれてくれることでしょう。放置状態の土地ともなると、雑草が伸びてしまって近隣住民からクレームがくるなどということも考えられますから、そうした環境面においても管理がしやすくなるというメリットもあるのです。

■この時代だからこそ取り入れてみたいもの
環境や共生というものを考えられるようになった昨今だからこそ、こうしたスタイルの土地活用もまた良い方法といえるでしょう。相談をうけつけてくれている場所もたくさんありますので、1つの提案として話をしてみるのも有効的ではないでしょうか。