土地活用

チャレンジしやすい駐車場スタイルと言われていますので初心者は検討すべし

    

土地を保有している方が実践的に取り入れやすい土地活用の方法として「駐車場」があります。これは、以前から人気のある活用方法ともいえるでしょう。

これから駐車場にと考えている場合、改めて駐車場の「3つの形態」について認識しておくことをおすすめしたいと思います。では、そんな3つの形態についてそれぞれ見ていきましょう。

■平置きタイプの駐車場
簡単にいうと更地タイプの駐車場です。昔からある駐車場スタイルですので、馴染みがあるという方も多いのではないでしょうか。

地面ですが、砂利を敷くタイプのものや土のままのものなどもあります。ニーズとしては、自動車などが傷つかないようにアスファルト舗装をされたものが高いといえるでしょう。

■機械式タイプの駐車場
ある程度の費用は必要となりますが、鉄骨でくみ上げられているタイプのものです。コンピュータ制御で機会が稼動するようになっており、自動車などが内部へと移動します。

握手をしているイメージ

地下に進むタイプから、二層・三層と重なっているタイプ・塔状タイプなどそのバリエーションもおおくありますので、土地にあわせたものを選択しやすいことでしょう。

■自走式タイプの駐車場
自動車などが田友のないのスロープを自走して各場所に収まるように設計されたタイプの駐車場です。地上に施設する場合と、ビルなどがあればその地下に導入するものなどがあるでしょう。

■合わせて考えたい貸し方
月極め・時間貸しなど、その貸し方においても合わせて考えておくと良いでしょう。一般的な年地の保有者にとって実践しやすいものは平置きの月極め駐車場ともいわれています。

■手間のかからない活用を考える
パーキング運営会社と契約をしたりなどと手間のかからない活用スタイルもありますので、環境に合わせて整えていきましょう。