土地活用

土地をそのまま有効活用しやすいスタイルとは何かを模索していく

    

土地を保有している場所によっては、賃貸マンションやアパートまたはコインパーキングを作ったところで収益が見込めないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

土地活用ということを考えた時、どのように活かし方が上記のほかに考えられるのでしょうか。

■立地しだいでは考えられること
ある程度限定的になる可能性もありますが「資材置き場」として土地活用をするという選択肢もあるのです。資材置き場に困っている会社に貸し出したり、もしくは一時的に公共工事が始まったタイミングで活用するという事も可能でしょう。

資材置き場として土地活用をする場合、搬入・搬出作業があるということから、道路にある程度の幅があることなども必要とはなってくるかと思いますが、このような活かし方をしている方も少なくありません。

OKサインを出す女性

■合わせて考えたいリスクについて
資材置き場であれば土地をそのまま提供するという事ができますので、投資にかかる金額は比較的に少ないといえるでしょう。

ただしリスクも考えられるのです。需要とのバランスの問題などもありますし、一時使用である場合も多く、建物を認めないという契約にしなくてはならないなど法律的な部分においても注意が必要となってくるでしょう。

■一時的に活用をするという方も
そのまま更地状態は避けたいという方の「一時的な策」としてこの資材置き場というスタイルを取り入れている所有者の方もいらっしゃるようです。

とはいえ、ある程度のプランはもちろん必要となってくるでしょう。

■安定的ではないけれど資金は大きくない
安定的にとなるとハードルは高いとは思いますが、先にも触れたように準備金などは比較的に少ないので取り入れやすい活用方法とも考えることはできるでしょう。